9R 花まつり特別(B3) ダート左1600m 14頭
本命10.以外ほぼ全頭横一線、紐選びが難しいレース。
他紙上位2.3.9.を基本に本命派でも穴馬2頭を入れておくのが無難。

9.リュウグウノツカイ/山崎誠士
2014年春から多くを担当しており、相性は良い。
距離は1400mを中心に走っていて、1600mは船橋で2着と川崎で3着を2回となっており、あまり多くないが大外枠スタートを経験しており枠順の不利は考えにくい。
展開は先行逃げまたは中位差しで多少の柔軟性はあるので、穴軸もあり。

6.シゲルオオカミザ/繁田健一
繁田騎手騎乗での1600mは2走目、中位差しを得意としていることは把握しているものと思われ前走は序盤6番手で徐々に順位を上げて行き3着。
浦和では少数派の追い込みが出来る騎手だが基本は先行逃げ差し、相手次第だが前走と同様の展開になるものと思われる。
展開のすり合わせの度合い次第、紐穴として。


買い目は

南関新聞で・・


http://nankan.chihou-keiba.net/