11R クラウンカップ(3歳オープン,SIII) ダート左1600m 14頭
各紙上位は3.4.以外扱いは全くバラバラ、3.4.もまだペースに不安定さがある。
ただし無理にハナを切らなければどちらも逃げ残る可能性が高いので、本命派はフォーメーション推奨だが軸に出来る。穴派は穴馬を軸にして上記2頭と他紙の中で気になった2頭を紐にするとオッズも含めて面白い馬券になる。

uchidat
7.ロイド/内田利雄
一旦中央へ行った豪脚の持ち主。乗り換えは展開の変更かそれとも右回り大井後の調整か。
後方追い込みも行っているが、どちらかと言うと中位差しの方が向いている。
2着~4着候補として、つまりは複軸またはフォーメーションとして期待できる。

8e5c3685
12.エンドオブジアース/繁田健一
勝つための相手探しで今回は浦和エースへ。他場出張は多くむしろ他場が怖い騎手。
脚は1500m~1800mのいずれも好成績だが展開が不安定で、まだ勝ちに恵まれていない。
この不安定さを買うか買わざるか判断の分かれるところ。


買い目は

南関新聞で・・


http://nankan.chihou-keiba.net/