7R C2 ダート右1400m 14頭
上位2.6.3.12.の4頭の実力拮抗、展開も踏まえると軸は2.6.
紐は残り2頭を基本に穴馬をお好みで2頭ほど加えるのがちょうど良い。

1.ジオパークルビー/内田博幸
最内枠は初挑戦だが内枠での実績はあり、騎手はかつての大井エース。
展開が後方追い込みのため塞がれたらアウトだが、位置取り次第で番狂わせを出来る。

---

10R たて座特別(C1選抜) ダート右1400m 13頭
本命2.対抗4.8.5.10.で各紙概ね一致しているが、決め手は薄く馬連・馬単ならこの5頭ボックスが無難。
3連の場合は本命・穴に拘わらず軸候補はもう1頭はほしい、フォーメーション推奨。

3.ハーフブロード/真島大輔
前走は3着とあまり差は無く枠順次第で逃げ切れた。
内枠の内容は良く今回は逃げ残りに期待して良い。

13.ミラノボヴィッチ/瀧川寿希也
1400mは昨年1月の園田所属時以来だが園田は右回りコース。
先行逃げは現在も変わらないので、ペース配分を誤らなければ逃げ切れる。

---

11R '15メトロポリタンエイプリルカップ(中央交流,A2B1,選定馬) ダート右1200m 13頭
上位10.13.3.の3頭以外はバラバラ、重賞の時のようにJRA勢の一方的有利と考えない事。

8.トレボーネ/真島大輔
近走は左回りでのレースが多いが、右回りも対応可能。
5番手付近に位置取りできれば理想的。

12.ウィットウォーター/坂井英光
近走好実績は左回りだが、馬柱以前に右回りでも実績は挙げておりこちらも大外枠なので相性は良い。
馬の展開は先行逃げまたは後方追い込みだが、騎手はいずれも対応できる。