1R C3 ダート左1300m 10頭
他紙上位6.10.2.の3頭を中心による上位決着の気配もある。
3連には決め手に欠けるので、もう2頭~3頭追加して馬券を組んでおきたい。

9.メリーハート/郷間勇太
2月に浦和の同距離外枠スタートで向こう正面から徐々に順位を上げ3着に入っている。
同様の展開が出来ればチャンスはある。

3.ヤワタフレンド/酒井忍
乗り換え初戦、昨年の秋に川崎の1400mを内田利雄騎手で3着を獲って以降は掲示板付近から出られずにいる。
その時の展開は中位からの差し、直線が短く追い差しやや不利の浦和だが末脚はまだ死んでいないので、中位に位置取りできれば面白い。

---

9R 山藤賞(C1) ダート左1400m 12頭
上位4.3.11.10.1.の4頭で各紙一致しているが扱いはバラバラ。
ボックスも悪くないが、穴の飛込みに注意。

6.マイネルナロッサ/瀬川将輝
瀬川将輝騎手とのコンビで中枠は初挑戦、中位または後方追い込みなので浦和にはやや不向き。
ただし斤量が最大4kg差の52kgなので、その分期待を持てる。

9.アラベスクシーズ/岡田大
2013年秋に2着となって以降は連からは遠ざかっているが、掲示板には近走で何度も入っている。
中位または後方からの追い込み馬なので、塞がれたらアウトだが穴要素としては十分。

---

11R 芝桜特別(B3) ダート左1600m 11頭
本命3.7.対抗7.9.による上位決着濃厚、ただし軸が絞りにくいのでフォーメーション推奨。
また3連には紐が少なすぎるので穴馬を1頭~2頭付け足し付け足すのが無難。

6.リュウチャン/橋本直哉
展開にムラがあり3着~7着を行ったり来たりしている。
序盤に中位に位置取りできるか次第で結果が変わる、後方追い込みは厳しい。