鉄板馬.プロの狙い目・地方競馬・南関競馬

現役競馬トラックマン(TM)の競馬ファンとの交流ブログ 地方競馬・中央競馬・南関競馬・プロ達の狙い目

中央競馬情報

東京11R スイートピーS(3歳牝馬オープン) 芝左1800m 15頭

[芦毛馬]
?9.ホワイトウインド/柴田大知
東京の芝コースでは1400m~1600mを走っているが、芝1800mは初挑戦。
デビュー戦は東京芝1400mで2着、芝1800mでの好実績のある騎手なので多少は期待はしていい。
未知数の要素が多いので、紐穴か複勝で。

[気になる馬]
△7.トーセンナチュラル/井上敏樹
芝1800mは初挑戦、東京芝コースは1600mと2400mで後方に位置取りしたが不発。
しかし中京2200mで追い込みに成功しており左回りに適性が無いと言い切れない。
追い込みを成功させた時のコンビで東京芝コース初勝利なるか。
後方追い込みかつ若手騎手なので紐穴として。

---

京都11R 天皇賞(春)(4歳上オープン,GI) 芝右3200m 17頭

[芦毛馬]
○1.ゴールドシップ/横山典弘
今年で3回目の天皇賞(春)、横山典弘とのコンビでは初挑戦。
最内枠は2012年の菊花賞で適正は証明されているので紐としては外せないが、展開にムラがあることで知られる馬なので軸には厳しい。

[気になる馬]
△8.スズカデヴィアス/藤岡佑介
昨年の中山ステイヤーズSで4着、年齢も4歳と若いので伸び代に期待。
ステイヤーズSは3600m、もう少し脚が貯められれば連入りのチャンスはある。
紐穴か複勝で。

△9.クリールカイザー/田辺裕信
昨年の中山ステイヤーズSは中位差しで3着、田辺裕信騎手は2200mの前々走で初騎乗して先行逃げで1着。
田辺裕信騎手の過去の展開を見た限りでは後方追い込みか先行逃げなので、展開が若干合わないような気もするが「有り得ない」を敢えて無視すると面白い馬。
複勝100円で飲み物代の夢を見ましょう。

---

新潟11R 谷川岳S(4歳上オープン) 芝左1600m 16頭

[芦毛馬]
なし

[気になる馬]
○8.サトノギャラント/柴山雄一
柴山雄一騎手とは昨年の同レースで組んでおり、11番枠スタートで後方追い込んでアタマ差2着。
前走で末脚が死んでいない事は確認できており、1着はともかく連入りは期待できる。
連複馬券の軸に向いている、連単馬券の軸の場合はフォーメーション推奨。

○14.アルバタックス/丸山元気
乗り換え初戦、馬は外枠であれば回る向きの左右にかかわらず対応できる。
騎手も右回り大外枠での実績はあり、多少期待は出来る。
1600mでの展開は後方からの追い込みが中心なので、塞がれたらアウト。
前走で中位差しを試行して3着と僅差4着となっているので、他の展開が絶対無いとは言い切れない。
タイムは良い方なので型にはまれば勝利も狙える。
前走の展開を踏まえると、フォーメーションなどの穴軸も悪くない。

東京11R 青葉賞(3歳オープン,GII) 芝左2400m 18頭

[芦毛馬]
?12.スモークフリー/岩田康誠
東京芝コース初挑戦かつ初距離なので完全に未知数。
デビュー戦で先行差しを行っているが、ダートなので今回の展開に対してのヒントになりにくい。
お試し複勝程度で。

[気になる馬]
○3.タンタアレグリア/蛯名正義
中盤で位置取りを変えられる柔軟な脚質、別騎手だが前走で左回り内枠も経験済み。
4コーナーで中位に位置取りできれば勝利も射程圏。
フォーメーションでの穴軸もあり。

---

京都11R 天王山S(4歳上オープン) ダート右1200m 15頭

[芦毛馬]
なし

[気になる馬]
○1.アメージングタクト/松山弘平
馬・騎手共に右回り最内枠での実績あり。
ただし後方追い込みなので塞がれたらアウト。
オッズ低めだが軸には若干不向き。

---

新潟11R 駿風S(4歳上1600万下) 芝1000m 13頭

[芦毛馬]
なし

[気になる馬]
△4.ストロングロビン/丸田恭介
近走の成績とタイムは良好だが、新潟芝1000mは初挑戦。
カーブの無い直線なので展開は未知数。
紐としては入れておきたい1頭。

○10.アンヴァルト/高倉稜
騎手に拘わらず新潟芝1000mでは5着以内と相性が良い。
またタイムについても着実に縮めている。
同騎手とは2013年に勝利も獲っており、期待は出来る。
年齢を考えると穴軸あたりか。


※京都・福島はメインレースでの芦毛馬の出走が無いので気になった馬を挙げておきます。

東京11R フローラS(3歳牝馬オープン,GII) 芝左2000m 17頭
本命・対抗6.16.を中心とした上位決着も考えられるが、データの少ない3歳馬なので波乱も想定しつつ馬券を組むこと。

△1.マキシマムドパリ/武豊
オープン戦は初挑戦、また左回りコースも初。
最内枠は右回りで経験しているものの逆回りは未知数。
タイムはそこそこなので紐としてはあり。

△9.リアンドジュエリー/蛯名正義
乗り換え初戦で左回りコースは2戦目。
後方からの追い込みを中心としているので塞がれたらアウト。
柴山騎手が11.に騎乗するため蛯名正義騎手への乗り換えるようだが、重賞と言う大舞台を考えるとベテランへの乗り換えは無難なのかは判断が分かれるところ。

---

京都11R マイラーズC(4歳上オープン,GII) 芝右1600m 18頭
本命7.と他紙上位6.9.2.10.による上位決着の気配もあるが、本命以外はタイムでは横一線。
穴馬2頭は入れておきたい。

○15.レッドアリオン/川須栄彦
位置取り・展開自由自在とまで行かないにしても、かなり柔軟。
川須栄彦騎手とは馬柱以前にも何度か組んでおり、1着1回、2着1回、3着1回、4着2回、着外1回と比較的相性は良い。
穴軸としてもあり。

△16.ヒストリカル/松山弘平
松山弘平騎手とのコンビは3戦目。
元々後方からの追い込み馬だったが、前々走から向こう正面での追い込みも可能となった。
どこでスパートするのであれ、追い込みが主体である以上塞がれたらアウト。
軸には厳しいが紐としては面白い。

---

福島11R 福島中央テレビ杯(4歳上1000万下) 芝左1200m 16頭
本命・対抗13.2.連下10.それ以外はタイムは横一線、紐にどれを選ぶか日ごろの馬券作りのセンスが問われる。

△3.ヤサカオディール/的場勇人
的場勇人騎手とは2013年秋以降多くの試合で組んでいる。
昨年7月に福島芝1200m内枠で1着を獲り昇級、前々走は別騎手だが3着を獲っているのでこの等級でも実績を挙げた。
約10ヶ月ぶりの福島だが東京でも走っており、左回り自体のブランクは5ヶ月程度と長すぎるほどではない。
後方追い込みなのでふさがれたらアウト、紐穴の付け足しとして。

○6.モーニングコール/杉原誠人
前走は杉原誠人騎手への乗り換え初戦で3着に逃げ残った。
今回少し外側となったが、馬の成績を見た限りでは中枠でも十分対応できそうだ。
展開は先行逃げ以外で中位差しも可能、この勢いを維持できるか。
フォーメーションでの穴軸としても悪くない。

東京11R メトロポリタンS(4歳上オープン) 芝左2400m 12頭
本命10.他上位7.8.6.9.2.で概ね一致しているが、上位馬の決め手は薄い。
本命派であっても穴馬を組み入れる前提はほしい。

1.ヴァーゲンザイル/田辺裕信
馬・騎手共に左回り内枠は経験済み、前走中山芝2500mでペース等は確認しているはずなので
後方追い込みが得意な展開なので、塞がれたり序盤に外に出られないとアウト。
紐としては外隣と共に良い馬。

12.ノーステア/三浦皇成
三浦皇成とのコンビでは1着3回、3着1回、4着~5着3回と大崩れせず安定した実績となっている。
大外枠はやや振るわないものの、連は期待していい。
紐穴の付け足しに。

---

京都11R 錦S(4歳上1600万下) 芝右1600m 8頭
本命・対抗1.3.単穴5.による上位決着濃厚。
トリガミリスク高めなのでオッズの確認をこまめに行いつつ、少ない点数で馬券を組むこと。

△8.アドマイヤビジン/小牧太
乗り換え2走目、前走で末脚は確認しているので距離変更でのペースが気になるところ。
小牧太騎手は1400m~1600mを得意としているので、ペース配分での失敗は考えにくい。
騎手の展開は1600mでの中位追い差し、無理に前側に行ったり出遅れたりしなければ連入りは有り得ない話でもない。

---

福島11R 福島牝馬S(4歳上牝馬オープン,GIII) 芝左1800m 16頭
本命・対抗2.16.の2頭以外は横一線、本命派は回避推奨。
他紙上位5.10.以外何を選ぶかセンスが問われるレース。

6.スイートサルサ/田中勝春
追い差し主体の馬だが、位置取りが不安定と言うべきか柔軟と言うべきか判断が分かれる。
このコンビで9戦して1着3回、3着2回、着外4回は好相性とも言えるか。
結果は極端になりがちなので、紐穴で。

※阪神のメインは芦毛馬の出走が無いので気になる馬を挙げておきました。

中山11R 皐月賞(3歳オープン,GI) 芝右2000m 15頭
本命8.対抗5.単穴2.連下15.7.1.による上位決着濃厚。
ただしデータの少ない3歳馬、実戦2000m経験アリの馬を2頭ほど入れておくと紐荒れで面白くなる。

○15.ダノンプラチナ/蛯名正義
外端枠は逆周りで1600mだが経験済み。
展開は距離増加も踏まえると中位からの差しか。
枠順経験済みは好材料だが2000mでどこまで通用するかは未知数。
紐としては外せないが、展開は良いがタイム的に軸としては厳しい。

---

阪神11R 難波S(4歳上1600万下) 芝右1800m 16頭
各紙上位15.13.7.10.は一致しているが扱いにバラつきあり、決め手は薄く混戦模様。

8.プリンセスジャック/鮫島良太
馬齢の割りに芝1800mへの挑戦は少なく、昨年春に初挑戦しての4着のみ。
鮫島良太騎手とのコンビでは前走4着がベストだが、もう少し前に位置取りできれば連入りのチャンスもまだある。

---

福島11R 奥の細道特別(4歳上1000万下) 芝左2600m 16頭
各紙上位16.1.11.8.は一致しているが扱いにバラつきあり、決め手は薄く混戦模様。

?9.シークレットパス/木幡初広
乗り換え初戦のため相性は未知数、芝左2600mは昨年秋1戦して4着と僅差の6着。
木幡初広騎手の実績についてはダート戦が多く、距離も1600m~2000mで芝2000m超での好実績はここ1年以上無い。
地方競馬でベテラン騎手への乗り換えは大穴となる事もあるが・・・。

△13.アドマイヤネアルコ/丸山元気
展開は先行のみ、昨年春の同レースでの2着はスローペースによるもの。
ペースが合えば逃げ残りの可能性もあり。
展開は安定しているが相手次第なので紐穴で。

○16.プレストウィック/津村明秀
福島の芝2600mでの実績は1着と4着、大外枠も経験しておりタイムも良い。
前走は2500mで中位に位置取りしたものの、向こう正面で盛り返して2着に入れる力技も見せている。
ここ4戦の安定感を見ると2500m~2600mが適正距離か。
2着~3着想定の軸としてならあり、マルチなしの単軸には厳しい。


↑このページのトップヘ