鉄板馬.プロの狙い目・地方競馬・南関競馬

現役競馬トラックマン(TM)の競馬ファンとの交流ブログ 地方競馬・中央競馬・南関競馬・プロ達の狙い目

中央競馬情報

※中山と阪神のメインは芦毛馬の出走が無いので気になる馬を挙げておきました。

中山11R 中山グランドJ(障害4歳上オープン,JGI) 障害4250m 15頭
本命4.対抗5.を中心とした決着が濃厚だが、タイムはこの2頭を除き横一線。
紐は他紙上位7.12.13.6.を基準に、残り1頭を1.とするか穴馬とするかはお好みで。

11.リキアイクロフネ/金子光希
同騎手とのコンビで昨年のこのレース外枠で2着に入っている。
近走4戦は芳しくないが末脚はまだ残っており、中盤の展開次第で台風の目となる恐れもある。
中盤から後半で着順が変わる事が多いので軸には不向き、紐穴として。

---

阪神11R アンタレスS(4歳上オープン,GIII) ダート右1800m 16頭
各紙本命3.他4.11.16.12.で一致はしているが、タイムは僅差で波乱の恐れアリ。

5.ダノンバトゥーラ/浜中俊
昇級2戦目で勝利をつかんでおり、この等級でも通用する事は確認できた。
距離への適正も十分なので残りは阪神ダートでのペース配分。
先行逃げ差しが主な展開なので、1着よりは逃げ残り2着~3着に期待。
タイムはさほど良くないので紐穴として。

---

福島11R ラジオ福島賞(4歳上1000万下) ダート左1150m 16頭
本命3.以外は横一線、紐候補上位は4.1.2.6.15.で一応一致はしているが、その実ほぼタイムが基準。
また本命自身もタイムはさほど抜けておらず、もう1頭は軸がほしい。

15.ウインヴォイジャー/丹内祐次
左回りのダート短距離は2013年秋の東京競馬場の1400m以来。
逆回りではあるが前走先行差しで2着となっているのでペースは把握済みか。
残るは位置取りだが別距離左回りで前側に入れているので紐としては期待はしていい。


※中山と阪神メインレースは芦毛馬の出走が無いので気になる馬を挙げておきます。

中山11R 春雷S(4歳上オープン) 芝右1200m 16頭
本命2.対抗・単穴9.12.10.でほぼ一致しているが本命含め決め手に欠ける。
本命の着外落ちも視野に入れつつ馬券を組むこと。

△12.サカジロロイヤル/国分優作
両隣11.13.いずれも先行馬なので競り合った場合のペース配分だけが不安な点。
2番手付近に留まる事ができれば逃げ残りも考えられる。

△11.ルチャドルアスール/平野優
中山芝1200mとの相性はあまり良い訳ではなく、最高が昨年4月の僅差4着。
地方時代も含めハナを切って逃げ切るのが基本展開なので後半どこまで脚が残っているかがポイント。
ただし3走前には先行差しも行っており、平野優騎手とのコンビが長い分融通が利くか。外隣12.と無理に競り合わなければまさかもある。

なし
に 2. 9.12.10. ~(1+3+A=206
ま 12.9.2. 3.6.14. 10.(ズレ1
---

阪神11R 桜花賞(3歳牝馬オープン,GI) 芝右1600m 18頭
本命8.対抗15.13.連下6.9.で概ね一致しているが、本命以外は騎手推しの要素が強い。
そもそも本命馬も芝右1600mは初挑戦で1着と断言しきれない。
複数軸作りはグレード実績を重視するかタイムを重視するかなど見方は分かれるが、そこはお好みで。

○6.レッツゴードンキ/岩田康誠
後方追い差し、先行逃げ差し、中位差しと3歳ながら展開は非常に柔軟。
枠順も大外と内側をこなしており、左右両回りへの対応できていて、飛びぬけてはいないが非常に優秀。
マルチ無しの単流し軸には向かないが、それ以外では軸としていい。

△5.ペルフィカ
前走は1400mだが大外枠スタートの後方追い込みで2着に食い込んだ。
今回は位置取り争いの激しい中枠なので、おそらく前々走のような中位に位置取りして追い込みとなるか。
追い込み馬なので塞がれたらアウト、軸には厳しいが紐としては面白い。

---

福島11R 福島民報杯(4歳上オープン) 芝左2000m 15頭
本命3.対抗4.で一致しているものの、タイム含め他の馬との差は小さい。
軸候補をもう1頭足したフォーメーションが無難。

○2.マイネルフロスト/丹内祐次
乗り換え初戦、芝2000mは右回りでは2戦しているが左回りは初。
鞍乗する丹内祐次騎手は芝よりダートが怖い騎手。
ただし先行または中位からの展開する点で類似はしている。
GIIを連続して僅差4着の脚を考えれば紐にはぜひ入れておきたい。


※中山メインレースは芦毛馬の出走が無いので気になる馬を挙げておきます。

中山11R ニュジーランドT(3歳オープン,GII) 芝右1600m 16頭
本命・対抗9.12.16.実力拮抗、この3頭による上位決着濃厚。
ただし3連には心許無いので連下4.2.14.8.を紐にしたフォーメーションが無難。

○4.マテンロウハピネス/松田大作
展開は先行逃げきりで安定、芝1600mは十分逃げ切り可能な距離。

---

阪神11R 阪神牝馬S(4歳上牝馬オープン,GII) 芝右1400m 17頭
本命14.対抗・単穴12.10.8.15.による上位決着の気配もあるが、あくまで馬連・馬単での話。
これだけで3連は厳しいので本命派であっても2頭は付け足しがほしい。穴として気になったのは1.11.だが参考程度で。

○14.スマートレイアー/武豊
芝右1400mは昨年の同レース以来、でなおかつ4ヶ月の休養明け。
昨年のヴィクトリアマイル以降は、得意としている後方追い込みも決めにくくなってきているが、舞台を考えると当然ではある。
その実デビュー2戦目で先行差しで勝利したりもしているので、ここを本番と考えていなかったら先行逃げ残りで楽させる事もありえなくも無い。
休養明けも踏まえるとマルチなしの単流しには厳しい。

○10.ホエールキャプチャ/蛯名正義
芝右1400mの実戦経験は前走含め3戦のみ、前走は5着だったが3番手集団に食い込んでいるので10番手付近なら連も射程圏。
この距離での展開は中位~後方からの追い込みが主体、軸するには人気より厳しいが紐としては外せない。

---

福島11R 吾妻小富士賞(4歳上1000万下) 芝左1200m 16頭
全頭決め手に欠き各紙推奨馬もバラバラの混戦模様、本命派は回避推奨。

?4.ウエスタンユーノー/(未定)
乗り換えは決まっているが鞍乗は未定。
内枠は苦手としているので序盤に外側へ回す高度な技術が必要。

○11.ハッシュ/川須栄彦
得意な展開は先行逃げ差し、川須栄彦とのコンビでは福島で2戦して先行逃げのみで2着と1着しておりペースは把握している。
休養明けの前走はバルジュー騎手でペース作りに失敗したが、先行は出来ておりリハビリとしては十分。
マルチ無しの単流し軸には不向きだが、それ以外での軸には向いている。

中山11R ダービー卿TC(4歳上オープン,ハンデ,GIII) 芝右1600m 16頭
タイムは10.3.がやや抜けているが、大差は無く他大半は横一線。
フォーメーションは無論だが12.9.以外各紙上位もあまり一致せず難解。

○13.ブレイズアトレイル/藤岡康太
近走の展開は後方追い込みメインなので、位置取り後ろだと前を塞がれたらアウト。
ただ過去に先行差し、中位追い差しも行っており、もう少し前側の位置取りのほうが安定するような気も・・・。
2着~5着は今回も期待していい。追い込み時は不安定さが残るのでもちろん扱いは紐で。

△15.アーデント/石橋脩
乗り換え初戦、馬は逃げで騎手は追い差しが中心で展開はややミスマッチな感もある。
芝1600mは昨年より走り込んでおり、近走で1着2回と3着1回なので馬自体はさほど悪くない。

---

阪神11R 大阪杯(4歳上オープン,GII) 芝右2000m 14頭
2014年ダービー馬7.と2014年ジャパンCと天皇賞秋を制した12.がタイムでは抜けており、この2頭が中心となりやや堅め。
他にもGI実績馬3.6.9.など豪華な面々だが決め手は意外と少ない。紐に何を入れるか次第。
他で気になったのは弟が4度騎乗している4.のみ。

?11.キングズオブザサン/蛯名正義
蛯名正義騎手の阪神での騎乗は年末以来、そもそも年間での阪神競馬場での騎乗そのものが少ない。
距離と展開に限ってみれば芝右2000mの大外枠は馬・騎手各自で実績はある。




買い目は

南関新聞で・・


http://nankan.chihou-keiba.net/     

中山11R 船橋S(4歳上1600万下) 芝右1200m 14頭
タイムで抜けているのは1.のみ、右回り最内枠が別距離なのが若干の不安点。
大きく離しているわけではないので1.の3着落ちも想定した馬券組みが必要。

○12.モズハツコイ/北村宏司
2013年6月の新馬戦以来のコンビ、3走前の5着は後方からの追い込みで先頭4頭混戦の1.1/4馬身差なので、中位であれば射程圏。
先行逃げも馬・騎手共に可能なので、ハイペースにならず2番手に位置取りできれば逃げ残りも期待できる。
中山は前々走が初挑戦でハイペースになってしまい結果は8着、その事を陣営として把握していることを期待。

---

阪神11R コーラルS(4歳上オープン) ダート右1400m 16頭
本命・対抗8.14.の実力はほぼ互角、そして他の馬との差も微妙。
馬連・馬単であってもフォーメーション前提となるので、馬券の点数には注意すること。

△5.フリートストリート/岩田康誠
内隣は同じく元園田の小牧騎手、上手く並走出来ればまさかの逃げ残りも有り得る。
ただし序盤のペースは4.の方が早いので無理に並走すると後半持たないので、直後に居られれば理想的。

?10.ロングロウ/和田竜二
ダート右1400mは5戦しているが、阪神のダート右1400mは初挑戦。
2013年春に京都ダート右1400mで中枠~内枠スタート先行逃げ差しで好実績を残しているが、2013年夏以降は掲示板からも遠ざかっている。
和田竜二騎手のダート右1400m大外枠での得意な展開は中位差しまたは先行逃げ差しとピーク時の得意な展開と類似しており、ここで再起を図るか。
今回より次走が気になる。



買い目は

南関新聞で・・


http://nankan.chihou-keiba.net/     

↑このページのトップヘ