鉄板馬.プロの狙い目・地方競馬・南関競馬

現役競馬トラックマン(TM)の競馬ファンとの交流ブログ 地方競馬・中央競馬・南関競馬・プロ達の狙い目

中央競馬情報

※本日の阪神メインは芦毛馬の出走が無いので気になる馬を挙げておきます。

中山11R マーチS(4歳上オープン,ハンデ,GIII) ダート右1800m 16頭
上位13.11.がやや抜けておりこの2頭を中心とした上位決着も考えられるが、2頭軸馬券にするほどではない。
13.11.を1着~2着候補とするフォーメーションが現実的。

○12.ベルゲンクライ/吉田豊
グレードは初挑戦、中位または後方からの追い込みが得意な展開。
前々走同じコースと距離で勝利しているので紐にはぜひ入れておきたい。
ただし塞がれたらアウトの追い込み馬なので軸には厳しい。

○16.マイネルクロップ/丹内祐次
馬としての得意な展開は先行逃げ差しと中位追い込みとダートとしては安そこそこ定感のある展開。
上位穴軸として考えるのも悪くない。

地方のメインでたまに遊びで"芦毛ワイド"をやってしまうが、このレースはそれをやっていい。
どちらも紐候補なので縦目対策にもなる。馬連は欲を出し過ぎなのであくまでワイドで。

---

阪神11R 六甲S(4歳上オープン) 芝右1600m 17頭
他紙上位は本命11.対抗14.4.による上位決着濃厚。
馬単なら勝っても負けても本命対抗の中で2頭選んでの2点、3連なら上記に他紙有力馬を。
上記以外であえて足したいとしても複勝程度で済ませるのがオッズ的にも無難。

○4.サトノルパン/小牧太
1番人気になってしまっているが小牧太騎手担当時の強さを考えると仕方なし。
3ヵ月半休養明けのみが不安点。 

---

中京11R 高松宮記念(4歳上オープン,GI) 芝左1200m 18頭
人気上位が大外7枠と8枠に集中しているがほぼ横一線。
枠連7-8,7-7,8-8の3点もオッズがかなり散っている関係で、ギリギリでトリガミにはならない。
面倒になってしまった方または少点数の押さえに。

○1.リトルゲルダ/丸田恭介
左回り芝コースの最内枠は初挑戦、右回り最内枠ではGIIとGIIIで勝っている。
丸田恭介騎手は芝左1200m最内での実績はあるので、事前にどこまで調整してあるか次第。
混戦模様の状態なので穴軸もよし、点数的に収まりが悪いようなら単複もあり。


買い目は

南関新聞で・・


http://nankan.chihou-keiba.net/     


※本日の中山と中京のメインは芦毛馬の出走が無いので気になる馬を挙げておきます。

中山11R 日経賞(4歳上オープン,GII) 芝右2500m 12頭
他紙上位概ね9.6.5.10.だが決め手薄く、3連ならフォーメーション必須。
あとは他紙ズレ分含め紐をどう作るか次第。面倒な方は枠連5-7,5-5,7-7の3点もあり。

○7.タマモベストプレイ/津村明秀
先行逃げ馬なのでペース次第、逃げ切って2着になっているレースもあるので2着~3着想定での紐穴としては悪くない。
両隣は展開違うので序盤のもみ合いも心配無し。

---

阪神11R 毎日杯(3歳オープン,GIII) 芝右1800m 15頭
他紙上位は本命15.対抗他13.8.11.となっているが若干決め手に欠き、ここに1頭~2頭飛び込んでくる恐れあり。

○2.グリュイエール/A.シュタルケ
前走右回りでやや後方から追い込みを駆けて実質3着。
デビュー戦で2000mではあるが中位差しで2着にも入っている。
前走シュタルケ騎手も届く範囲は確認できているはず。
もう少し前に位置取りできれば連には食い込める。

△7.ソールインパクト/浜中俊
着順の数字だけ見ると掲示板付近だが、微妙な着差なレースが多く素質は悪くない。
乗り換え初戦だが浜中俊騎手の芝右1800mでの展開は中位追い込み、もう少し前に出せればチャンスはある。

---

中京11R 名鉄杯(1000万下) 芝左1600m 16頭
上位8.7.は堅いがあと1頭に悩むレース。3連とするなら3頭~5頭ほしい。

△3.メイショウブシン/丸田恭介
2013年に2回、2014年に3回騎乗しており相性は良い。
2013年に小倉芝右1800m最内枠で走った際は後方追い込みで勝利している。
半年振りの騎乗、後方追い込み等シビアな条件もあるが、紐穴として考えると面白い。


買い目は

南関新聞で・・


http://nankan.chihou-keiba.net/     

中山11R スプリングS(3歳オープン,GII) 芝右1800m 12頭
他紙上位は本命6.対抗8.3.穴5.1.7.による決着が濃厚。

○8.ダノンプラチナ/蛯名正義
初距離に加えて3ヶ月の休養明け。
蛯名騎手との相性は良くタイムも良いが上記2要素がどうにも気がかり。
軸には危険だが紐には入れておきたい。

---

阪神11R 阪神大賞典(4歳上オープン,GII) 芝右3000m 10頭
他紙は鉄板本命8.対抗7.1.による上位決着濃厚、馬連/馬単ならこの3頭でも問題なし。
8.と7.は同枠なので枠連1-7と7-7の2点もオッズ低いが抑えとしてなら悪くない。

○8.ゴールドシップ/岩田康誠
芝3000mでの展開は先行差しだったり向こう正面で大きく順位を変えたりと、色々な展開だが不安定なのか柔軟性があるのか悩みどころ。
さすがに10番手より後ろは厳しいがそれより前側は対応可能、軸にするとトリガミで紐から外すには強すぎる、他の馬券点数で対応するしかない。

---

中京11R 小牧特別(4歳上1000万下) 芝左2000m 11頭
他紙上位は本命5.対抗1.7.による上位決着の気配もあるが、上位各馬いずれも決め手は弱い。
5.1.7.を軸としてのフォーメーションがお勧め。

○2.グレートヴァリュー/小崎綾也
前走4着だったが首位との差は少なく2着~3着相当と見ていい。
序盤の位置取りをもう少し前に出来れば末脚をちゃんと維持しているので、チャンスはある。
展開が中位後方追い込みか先行差しと極端なので紐穴として。



買い目は

南関新聞で・・


http://nankan.chihou-keiba.net/    

中山11R フラワーカップ(3歳牝馬オープン,GIII) 芝右1800m 16頭
1.2.12.上位決着の気配も僅かにあるが決め手弱い、本命派はこれを軸にして紐3頭~4頭を足したフォーメーション推奨。
穴派は穴馬を軸にして上位馬に当てるフォーメーションが面白い。

△10.ホワイトフーガ/大野拓弥
デビューから担当しているので相性は良くタイムもダートとしてなら良好。
ただし芝コースが初なので芝への適正が不明。1800mでの展開は先行逃げなので逃げ残り3着~5着に期待。

△16.ホワイトエレガンス/村田一誠
馬は外端枠は未経験、騎手は外端枠でも前走と同様に先行差しを行っている。
馬がそれに対応できればまさかの展開も期待できる。

?9.ティーエスクライ/江田照男
乗り換え初戦、加えて初距離。不要と言うより不明が適切な表現。
普段担当している和田竜二騎手でない事と初距離を考えると様子見要素が強い。

?4.ココ/石橋脩
乗り換え初戦、なおかつ芝としては初距離。こちらも不要と言うより不明。
デビュー戦より後は全てダート、先行逃げ差しを得意としているので先行差しが出来ると理想的だが・・・。

---

※本日の阪神はメインレースに芦毛馬の出走が無いので気になる1頭を挙げておきます。

阪神11R 若葉S(3歳オープン) 芝右2000m 8頭
他紙上位本命1.対抗5.連下7.2.の鉄板傾向、8頭立てなのでトリガミ注意。

△4.レッドソロモン/A.シュタルケ
乗り換え初戦でこのレースで唯一な平場実績のみの馬。
芝右2000mでの展開は馬・騎手共に先行差しでほぼ同じ。
紐を安易に増やすのは難しい頭数なので穴の複勝1点程度であれば楽しめる。

---

中京11R ファルコンS(3歳オープン,GIII) 芝左1400m 18頭
他紙上位本命18.がやや抜けており、他はほぼ互角。
1頭軸とするには決め手は弱いので13.15.4.から1頭~2頭を軸にしてのフォーメーションが無難か。

○15.レンイングランド/松岡正海
馬の展開は先行逃げまたは先行差し、前々走で松岡騎手は先行逃げで勝利している。
3番手辺りに位置取りできれば勝機はあるが、先行逃げでは微妙なところ。
複数軸での穴軸には非常に良い。


買い目は

南関新聞で・・


http://nankan.chihou-keiba.net/    

中山11R 中山牝馬S(4歳上牝馬オープン,ハンデ,GIII) 芝右1800m 15頭
他紙上位は本命対抗9.13.15.、連下8.3でおおまか決まっているが、決め手は薄い。
また穴馬7頭いるのでフォーメーション必須は無論として、馬券点数が嵩むので注意が必要。

△8.アイスフォーリス/三浦皇成
右回りコースではあまり走っておらずデータが少ない。
ただし前走の中山金杯では後方から強烈な末脚を見せているので、中位で位置取り出来ると勝機が見えるか。
ともかく位置取り次第、軸にするかはお好みだが紐には入れておきたい。

---

※本日の阪神メインでは芦毛馬が出走しないので気になる1頭を選んでいます。

阪神11R フィリーズレビュー(3歳牝馬オープン,GII) 芝右1400m 18頭
17.10.2.以外は横一線の難解レース、上位候補も突出しているわけではないのでフォーメーション必須。

4.クールホタルビ/小牧太
先行馬なので序盤が命、地方競馬でありがちな展開なので元園田騎手にはやりやすい展開。
内隣は岩田騎手だが中位~後方展開なので揉み合いは2.とする事になる。
1着は考えにくいが逃げ残りの2着~3着は期待できる。

---

中京11R トリトンS(4歳上1600万下) 芝左1200m 18頭
15.17を除いて実力は横一線の難解レース、その15.17.も他より大きく抜けているわけではないので軸には出来ても"2頭軸"と言うより"2通りの軸"に近い。
面倒な方は馬連またはワイド15-17の1点か枠連7-7,8-8,7-8の3点で済ませて他は軽めにしておいたほうが損失深手は避けられる。

○17.レッドファルクス/勝浦正樹
乗り換え初戦に加え芝1200mは初距離。前々走はダート1200mで勝利している。
ほぼ左回りに特化させており、中京は3戦目で芝1400mとダート1200mを各1戦ずつこなしていて知らないコースではない。
展開については馬は先行差しまたは中位差しに対して、騎手は先行差しまたは後方追い込みが多く中位差しはやってはいるが少ない。
元々1400mが中心だったので距離が縮む分大外でも余裕のある展開が期待できる。

買い目は

南関新聞で・・


http://nankan.chihou-keiba.net/    

↑このページのトップヘ